マガジンランドWEBショップ:ホーム > 書籍・雑誌 > 自然・科学 > 「地震の目」で予知する次の大地震

「地震の目」で予知する次の大地震

「地震の目」で予知する次の大地震

  • 著者:木村政昭
  • 発売日:
  • 価格(税込) 1,296 円
  • ★上記価格は消費税8%対応済みの税込価格です B5判
  • ISBNコード1: 978-4-905054-01-6 C0044

雲仙普賢岳大噴火、阪神淡路大震災、新潟中越地震の予測を的中させた地震学者が、「地震の目」理論を用いて、これから日本列島に起こる地震・噴火を地域別に予測!

公式サイトこちらから

ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ: 書籍・雑誌 > 自然・科学
冊  数

カートに入れる

解説

木村政昭(きむら・まさあき):著者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。東京大学大学院博士課程修了後、通産省地質調査所(現・産業技術総合研究所)で地震予知グループに属し、大地震と三宅島・大島三原山火山活動の相互関係を研究。1976年、世界で初めて科学的に地震を予知したとされる米コロンビア大学ラモント・ドハティ地球科学研究所で研究。
琉球大学勤務後、事前予測していた1986年伊豆大島三原山大噴火、1991年雲仙普賢岳大噴火、1995年兵庫県南部地震、2004年新潟中越地震等が的中。朝日学術奨励賞、沖縄研究奨励賞を受賞。

プロローグ 日本はすでに地震活動期に入っているのか?

  • 兵庫県南部地震で幕を開けた地震活動期
  • 地球全体が活性化しているのか?
  • 地球の活動を知ることが地震対策の原点

第一部 地震予知の現在

1 地震予知の現在

  • 地震の直前予知はここまで可能!
  • 中国の直前予知はなぜ成功したのか
  • 中国の地震予知の歴史
  • 四川大地震はなぜ予知できなかったのか?
  • 日本の地震予知研究の問題点はどこにある?
  • 「地震周期説」だけでいいのか?

2 宏観現象とは何か?

  • 兵庫県南部地震で注目された宏観現象とは
  • 地震雲は大地震の前兆なのか?
  • 輝く海が地震を告げる?
  • 地震の直前には動物が騒ぐのか?
  • 電磁波を調べれば地震の可能性がわかる?
  • 地殻のストレスが高まるとラドン濃度が上昇する
  • 宏観現象を予知に役立てるために

3 地震のメカニズムと火山・津波

  • 地震のメカニズム
  • 超巨大地震を起こすプレート境界型
  • 海溝とトラフが複雑に入り組む日本近海
  • 大都市を襲う内陸型地震
  • 震源は遠くても危険な海洋プレート内地震
  • 地震と火山
  • 地震と津波
  • 忘れられた津波の危険性
  • マグニチュードと震度

4 「地震の目」理論が地震予知の可能性を開く

  • 空白域は地震の兆候?
  • 「地震空白域」とは何か?
  • 「地震の目」を捕まえる
  • 「黒目」の大きさで地震の規模を予測する
  • 通常地震活動から発生時期を予測する
  • 火山活動と地震の関連を探る
  • 噴火は大地震の前触れか?
  • 「時空ダイヤグラム」で地震発生時期を算出する
  • 2つの理論をもとにさらなる短期予知へ
  • 前震活動をとらえれば直前予知はできる!

第二部 エリア別予測 《地震危険地帯》2010

1日本の地震危険地帯を予測する


2首都圏・関東地方の地震

  • 首都圏付近の大地震の周期
  • 首都圏の地震と火山活動の関係
  • 首都圏付近にも「地震の目」はある
  • 千葉県北東部は2010年以降注意が必要!
  • 東京湾北部にも危険がある?
  • 首都圏南部の地震は富士山の噴火活動につながるか?

3 東海・南海地方の地震

  • 東海地震は「いつ起きてもおかしくない」か?
  • 2009年駿河湾地震は東海地震の前兆か?
  • 2011±4年は東海沖の銭洲断層が危ない!
  • 東海地震の地震エネルギーはすでに解放されている
  • 東海・東南海・南海地震が連動して起こるのは2050年以降?
  • 懸念される富士山の火山活動再開
  • 2011±4年に富士山が噴火か?
  • 富士山が活動期に入ると30年周期で噴火する

4 中部地方の地震

  • 地質的なひずみが集中したエリア
  • 新潟の地殻のひずみは解消されている
  • 能登半島周辺に「地震の目」発生の可能性が
  • 岐阜県中部の地震活動域はしばらく安心か
  • 長野県周辺にもひずみは溜まっていない

5 東北・北海道の地震

  • 北日本太平洋沿岸部は大地震頻発地帯
  • 怖いのはプレート境界型だけではない
  • 太平洋側には複数の「地震の目」がある
  • 今後は三陸沖を警戒すべき
  • カムチャツカの巨大地震にも注意を!
  • 日本海側の空白域に「地震の目」はない

6 関西・中四国の地震

  • 「関西に大地震はこない」は間違いだった!
  • 紀伊半島に「地震の目」か?
  • にしにほんにも「地震の目」? 周防灘宗厳に注意が必要

7 九州の地震

  • 火山の影響が強い九州
  • 桜島噴火と鹿児島県南東沖の「地震の目」

8 南西諸島の地震

  • 近年地震が多発する沖縄・奄美
  • 奄美大島の本震は数年後にくる
  • 沖縄本島の危険もまだ去らず
  • 2009年の宮古島と西表の宮古島の地震は本震か?
  • 台湾の予測は的中したが……

エピローグ 地震と火山活動で地球を読み解く

  • 世界の地震に「地震の目」を探る
  • 四川省大地震は内陸のプレート境界が動いたために起きた
  • 四川省にも「地震の目」はあった!
  • 次に起こるのは北京西方か?
  • インドネシアの地震シリーズはまだ続く

電子書籍版も発売しました!

iTunes STORE アップル・アプリ

Andoroid Market アンドロイド・アプリ

うさぎと暮らす一覧はこちらから

定期購読

書籍カテゴリ

ログイン

メールアドレス
パスワード

記憶する

パスワードを忘れた方はこちら

無料会員登録はコチラから
新規会員登録
  • favori(隔月発売)キットで楽しむ大人の手作り時間
  • 手芸・クラフトの本
  • 天空の星たちへ公式サイト
  • よくある質問
  • コーポレートサイト
ページの先頭へ